BROCKEN ARTIST

千野 共美

2013年の写真

2013DM

・・・花のしたにて春死なん。中川先生が逝かれて3月30日で早一年となる。
以前、先生を評して花咲か爺さんといった人がいたが、 森羅万象を花と化した先生にとって、花の春はことのほかふさわしい季節なのかもしれない。

 先生の一周忌を目前に、急に思い立ったオマージュ展。
私には荷が勝ち過ぎるけれど、しなければという気負いもある。
黄泉の国で、先生は笑ってみていて下さるだろうか。


ARTIST HISTORY

1966年 花を習い始める

1970年 法政大学社会学部卒業

1971年 半田唄子に師事

1974年より半田唄子、中川幸夫の花の手伝いを始める

1980年 花の教室を主宰

1984年 半田唄子死去

1987年 個展 花 旅人木(国立市)

1990年 90皿盤展 旅人木
ガラス皿 中川幸夫、陶盤 梶川智志、花 中川幸夫、千野共美

1993年 個展 チューブによるインスタレーション
ギャルリー・イグレック(国立市)

1994年 個展 花 松葉屋 (長野市)

2007年 日本の工芸パリ展で写真の出品 パリ(フランス)

2007年 個展 写真 ツールーズ(フランス)

2009年 ワークショップ チューブによるインスタレーション
ワイオミング州立大学(USA)

2010年 個展 写真 ギャラリー・ブロッケン(小金井市)

2012年 中川幸夫死去

2013年 個展 インスタレーションと写真 ギャラリー・ブロッケン

TOP