BROCKEN ARTIST

高木茂子

2017年の写真

5枚の油絵による高木茂子展


ARTIST HISTORY

高木茂子(1908年ー1981年)

1926年 東京女子美術学校西洋画科入学。

1927年 女子美生として初めて帝展へ作品『母子像』を出品、最年少入選する。

以後ほとんど毎年、帝展へ出品したが現存するのは『母子像』の他、
『姉妹像』、1931年、『支那服の少女』1934年、『夏の日』

1939年、の4点などである。

1940年 彫刻家、淀井敏夫と結婚。

1943年 長女、淀井彩子誕生。

1949年 次女、淀井由利子誕生。

自宅で絵筆を取ると共に、きめ細かで質実な生活者として夫、
敏夫の創作活動、子供達を支えていくことになる。
常に画家としての意識を持ち続け、敏夫との会話にも美術展や
芸術についての話題にのぼることが多く、娘たちに大きな影響を与えた。

TOP