BROCKEN ARTIST

島木 孝子

2018年の写真

ベツレヘムの星

星が昇れば夜
-ベツレヘムの星-

●ベツレヘムの星についての個人的な謎解き

私は、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐という作品が好きで、子供の頃から本の中の絵を眺めていました。

大人になって布の柄等のデザインを仕事でするようになり、街で柄物を見れば、このパターンは何処と何処がつながっているのか?と、そんな事ばかり気にするようになっていたので、ある時改めて絵を見直してみた時に、絵の中に八芒星が見えてきました。

そこで、何で八芒星なのか?に興味を持つようになり、謎を解いてみたくなりました。

絵の中に隠された謎を解くためには、まず絵の中に描かれている不自然なポイントを見つけだして、仮説を立ててみるのが良いと思われます。
最後の晩餐の中で誰もが気にする点は、
この3点かも知れません。

1.天に指を立てているトマス
2.不自然なヨハネの45度の傾斜と
   イエスとの間の空間
3.ユダの視線

この絵はイエスが『この中に裏切り者がいる』という
爆弾発言をしたシーンと言われています。
弟子達はそれぞれ個性的なリアクションをし、
驚いた表情でイエスの方を向いたりしていますが、
ユダだと言われている人だけは、まるで明後日の方向を眺めていますね。

ところで、
もし言いたたくても言えない秘密があるなら、
人は暗号としてどこかに隠すのではないでしょうか?

ここで一旦、気になる点に焦点を合わせてみましょう。
当時の事を考えつつ、彼の心情に焦点を合わせてみると、
もしかして、レオナルド・ダ・ヴィンチさん、
トマスの福音書とユダの福音書を読んじゃったんじゃないですか?という疑惑が発生します。

トマスによる福音書は1945年にエジプトで発見されるまでは人目から隠されていましたし、

何せユダは聖書の中で裏切り者と言われてますが、ユダの福音書の中ではむしろヒーローのような存在に描かれています。
当時は今よりも書物に対しての規制が厳しかったと考えれば、ユダの福音書が1970年代に発見されるまで隠されてきた意味も分かるような気がします。

そこで、
『当時は今よりも書物に対しての規制が厳しかった』と仮定して、どんなメッセージが隠されているのか考えてみたいと思います。

まずは疑問1番目のトマスの福音書の中から謎解きにハマりそうな言葉を探してみましょう。
人類始まって以来の大問題を明かす衝撃的な言葉がありました。

イエスが言った、『もし彼らがあなたがたはどこから来たのか』と言うならば、彼らに言いなさい、『私たちは光から来た。そこで光が自ら生じたのである。
それは[自]立して、彼らの像において現れ出た』。
もし彼らがあなたがたに『それがあなたがたなのか』と言うならば、言いなさい、『私たちはその(光の)子らであり、生ける神の選ばれた者である』。
トマス50

例えば魔女狩りのあった時代に、こんな事をうっかり言ってしまったら、即処刑だったかも知れませんね。
また、こんな言葉も使えそうです。

弟子たちがイエスに言った、
「私たちの終わりがどのようになるかを、私たちに言って下さい」。
イエスが言った、「あなたがたは一体、終わりを求めるために、はじめを見出したのか。
なぜなら、はじめのあるところに、そこに終わりがあるであろうから。
はじめに立つであろう者は幸いである。
そうすれば、彼は終わりを知るであろう。
そして死を味わうことがないであろう」
トマス 18

この言葉を更に絞り込んでみましょう。
・光から来た
・私たちは光の子供
・はじめのあるところに終わりがある。


彼がもし、始まりと終わりが1つの点だと伝えたいならば、
絵の中に始点を置くなら、始点と終点は同じ場所になるのかも?

次に、
2番目のポイントの始まりは、ヨハネの福音書から探してみました。

すべての人を照らすそのまことの光が世に来ようとしていた。 ヨハネ1: 9

・光が来ようとしている

来ようとしているので次は、
『始まりは何だったのか?』に焦点を合わせてみたくなるかも。

最後の晩餐は文字通り終わりを意味する絵ですよね。
それなら、そこに始まりもあるはず。


聖書では、はじまりを告げるお知らせは、
ベツレヘムの星でしたので、
終わりの絵の中に始まりを告げるとしたら、
大方ベツレヘムの星を描くに違いない。
と、仮説を立ててみます。

ベツレヘムの星は八芒星で表す事が出来ます。
八芒星は45度で構成されていますから、
ヨハネの45度の傾斜にピッタリハマりそうですね。

それでは、トマスの指先に始点を置き、
45度の角度の線をヨハネまでずらしてみましょう。
そして次に、トマスから伸びた縦の線と、
ヨハネの斜め線が交差した所までの線の長さを基準に八芒星を描きます。
言葉で説明するよりも見た方が早いので動画を用意しました。



いかがでしたか?星の光が道を照らすと、
今まで気づかなかった目印が次々に現れます。

そしてめでたく星が完成した時に、疑問3番目のユダの視線の先にあったものは、八芒星であったことに気づくのです。

そういう訳で、最後は
もしも暗号を隠すとしたら八芒星で、
その意味は『彼が現れるであろう時間』なのかも?
と、仮定してユダの福音書の中にある言葉で
締めくくらせていただきます。

『皆を導く星がお前の星だ』



 * * * * *

星は昼間に見えないからと言って無い訳ではなく、夜にならないと輝かないだけで、昼間に見てもピンとこないだけなのかも。

イエスがこの世に何しにきたのか?まで戻って考えれば、助けに来たと思うわけで、救世主は通常、助けが必要だと思うまではパッとせず、切羽詰るまで救世主がいてもピンとこないだけなのかも。
(助けてもらうまでは誰が自分を助けてくれるかは分からないものですよね?ボランティアの方々と同じかも)

人類にとってピンチと思われる事は今までもあったと思いますが、それでも恐竜のように絶滅には至りませんでした。
なので、復活のお知らせを知らせる星が人の心に輝く時間はもう夜なのだと私は思います。。
もはや、地球規模でまずい状態。みたいな(遠い目)


オマケの動画はラファエロの『アテナイの学堂』
せっかくなのでプラトンと言われている人はレオナルド・ダ・ヴィンチで想い描いてみて下さい。





 * * * * *


2007年の写真

TOP